豊富なメリット

逆光のソーラーパネル

クリーンエネルギーと聞いて誰しもが一番に考えるのは太陽光発電である。
太陽光発電は大掛かりな機材を必要としないので個人の家庭でも発電することができる。
クリーンエネルギーの発電方法には様々なものがあるが実際に十分な発電ができるのは太陽光発電くらいしかない。
太陽光によって得られたエネルギーは電力会社に売電できるようなシステムも出来ているので日照率が高ければ利益も生み出せるというメリットがある。
技術革新によって地熱発電や潮流発電など今までは出来なかったような発電方法が誕生しているがどれも大掛かりなために初期費用が膨大になっている。
また、研究段階でどれほどの電気を発電できるのかも曖昧で実用化には程遠い。
しかし、将来はこのような発電方法が中心になるので早い実用化が求められている。

太陽光発電によって得られるエネルギーの量は年々上昇している。
そのため、電力会社と電気供給の契約をせずに自宅で発電したエネルギーだけで生活するオフグリッドという生活スタイルをする人が増えている。
東日本大震災以降このオフグリッドという生活スタイルを実践する人が増えている。
電力会社からの電力供給に不安を覚えた人や震災遺構の電力会社の運営に不満を持つ人などがオフグリッドに興味を持ち、実際に実行している。
企業レベルではメガソーラーという超巨大な太陽光発電所を設営して、原子力や火力発電に代わる発電所を作っている。
海外では以前から活発に行なわれていたが、震災以降は日本でも企業がエネルギー確保のためにメガソーラーを作っている。